島の住人(正しくは辿り着いた者たち)は、着物のような衣を身に着ける(島がオリブの領土であった当時の私服)

その衣、最初は生地色だが「忘れ七草」で染め上げられたものであり、島にいる間の心の変化で色が七段階に変化する。

​段階と花(色)が告げるものは以下通り。(心の状態により段階を飛び越えたり、数色で終わるケースもあり)

第一段階:青

​その者の本来の記憶はしっかり残っている(不安を抱えた状態)

第二段階:緑

記憶は残っているが、少し物忘れをしだす

第三段階:黄

​物忘れが激しくなる

第四段階:紫

​不安が消え、本当に幸せを感じている状態

第五段階:赤

不安が消えているわけではなく、記憶喪失になっていると気付いた場合この色に変化(滅多にない)

第六段階:黒

花の力に負けず自我を保つ者は花の抵抗力が働きこの色に変化(滅多にない)

第七段階:白

完全に記憶を失った場合

【 忘れ七草の衣を身にまとう人物 】

クリシュナ:青色(シシィの魔力がかかったピアスをしているおかげで守られている、これ以上変化しない)

ア   キ:ほぼ全色

ベ   ン:青色(緑になりかけるが、ベンに片想いしたスイセンの助けがあって変化しない)

サ ン ケ イ :黒色(三姫同様、はるか昔からこの島にいる人物)

エンシュウ:生地色(三姫同様、はるか昔からこの島にいる人物、花の能力を知っている故変化しない)

【ローズとカシーム 】

オリブを訪れる(「風民の詩」第四話後半参照)が、アジーズを待つ間「ノーマン達と一緒に居たくない!」と、散策していたところ

ひょんなことから島に辿り着いてしまう。三姫の一人であるスイセンに見つけられ、オリブへ逃がしてもらおうとするが、それを姉た

ちに見つかりそうになる。カシームは咄嗟に龍の石像の後ろに隠れようとするが、その体系から隠れきれず…。スイセンが細身になる

魔法で手を貸そうとした時、誤って石像と一緒に魔法をかけてしまう。気付いた時には小さな小さな真っ赤な龍になっていた。

​知らぬ姉たちはその綺麗な龍に一目惚れし「ローズ(赤いバラ)」と名付け、三姉妹のペットになっている。クリシュナを見つけると

​泣いて喜ぶが、龍になってる間は何故か活舌が悪くなっている「ヘイキャー(陛下)」「オーシャマー(王様)」

挿入歌『え唄 -七-』(仮決定)

​編曲:  作詞作曲歌:杉原明(劇中:アキ)

一つに 聞こえた歌を追えば 聞こえるは騒めきか  

二つに 懐かしき声手を引くも 届きはせぬ 

三つに 闇ぬぐい歌を聞けば 変わるは野花のいろ

四つに 心委ね薄れゆくは 揺れる霧ときく

五つに 末の涙は幾度なく 重なる偽りは身滅ぼし 花告げる色は 霧のよに白く

六つに 懐かしの声探せど 歌は身にしみついて

七つは 何処ぞ心の行方はしれぬ どこ探せど どこ探せど 懐かしき風どこへ

1. 孤独に包まれる中、慰めをく声が聞こえたので、救いを求めてついていく。すると故郷では誰もが「消えた」と驚くのだ。何故だ、自分は前を向いたつもりだ。

2. 声についていこうとすれば、気付いた友は「待て」と言う。けれど今は声にりたくて仕方がない、あの声は孤独の中に聞こえた希望だから。

3. 辿り着いたその場所には七色の花。声の主が言うには「癒しの花」、触れた者の心に反応し花の色は七色に変化するという。

4. 「もう大丈夫」声に安堵しその地に滞在しようとすると、その地の者ども「ここにいれば不安は薄れいつか幸せになれる」と言う。

5. しかしどうしたことか、薄れていくのは己(記憶)の方で、気付いた時には「後戻りできぬ」と花色が告げる。

6. 「どうか助けてくれ」と再び友の声が聞こえないかと探しまわるも、声も花も「行くな」と心を放さない。

​7. どうやってここへ来たのか、自分は誰かも、もう思い出せない…どこをどう探しても。生きてはいるが、もぬけの殻。

不安は消えた もう孤独でもない しかし どちらが良かったろう…

不安はぬぐえるが、忘れたくないものまで全て失うのと、嫌な思いをしても孤独であっても、今の自分のまま歩み続けていくのと…

誰に何を言われようが、誰もに嫌われようが、自分は自分のままで幸せだったかもしれない。「誰からも」なんて本当にそうか?

一人でも二人でも、こんな自分を気に留めてくれる存在はあったじゃないか。そう、気付いた時には手遅れだったのだ。

我々は、花の蜜を吸ってしまった。

まいご

【 海のトレイルの加護 】

ケイとノーマン一家が、消えたアキとサッチャーを探しに沖へ出る際、海のトレイルのリングが「遊べる」と思い誤って途中までついてくる。この間リングの持つ「癒しの力」が発揮され、島へ不法侵入が可能となる。

© 2006.8.18 olive -Akira Sugihara-

サイト内の全ての文章・絵・素材等の無断転載は厳禁です、ご遠慮ください。